医師会ニュース

医師会ニュース

2024年07月07日 NEW

市民公開講座~大切ないのちについて考える~を開催しました!!

OPEN

市民公開講座~大切ないのちについて考える~を開催しました!!

サムネイルをクリックすると拡大画像を表示

令和6年7月7日(日)、しまなみ交流館にて市民公開講座を開催しました。
広島大学病院周産母子センター准教授 阪埜浩司先生をお招きし、『性感染症の今を知ろう ~女性診療科からみたHIV、梅毒、HPV~』と題してご講演いただきました。
ポストコロナの今、性感染症領域で何が起きているのか?
コロナによる多くの人々の社会生活様式や行動様式などの変化によって、性感染症は増加しています。
現在、産婦人科医に特に注目されている性感染症としてHIV、梅毒、HPVの話題を中心に、最新の情報をわかりやすくお話いただきました。
私たちを取り巻く感染症から自分や家族を守るためには、予防、診断そして治療の理解が重要であることを語られ、正しい知識に基づき、正しく予防することの大切さを学ぶ機会となりました。
また、HPVワクチンのキャッチアップ接種については、公費助成が受けられるのが令和7年3月末までであり、決められた間隔をあけて合計3回接種する必要があることから、対象者で接種を希望される方は早めに1回目を接種された方が良いとご説明いただきました。
ご来場のみなさんはとても熱心に聴講され、講演終了後には会場から質問もあるなど、性感染症への理解を深める時間を過ごすことができました。

なお、当日は同会場1階ロビーにてパネル展示、クイズラリー、HIV・梅毒抗体検査(匿名・無料)を行い、多数のご参加をいただきました。